セックス依存症の俺だけど、ネットでセフレを作って満足してます

MENU
RSS

おすすめ定番サイト登録無料
セフレサイトBEST5
セックス好きのセフレを探したいならココ!

 

 自分でもおかしいんじゃないか?と思うほどに、セックスが大好きで困っています。
とにかくセックスの事ばかり考えてしまって、恋人がいた時だってオナニーは欠かさずにしていました。
自分のセックスが激しかったり回数が多かったりすることもあり、恋人は自分から離れてしまうことがほとんどでした。
そこで、恋愛関係に関係なく肉体だけを楽しむことができる、そんな相手を見つけてみようかという気持ちになったのです。

 

 中学や高校生の頃なんて、マジで一日に5回ぐらいオナニーをして射精していたこともありました。
それほど性欲が強くて、自分でもセックス依存症じゃないのか?と思うことも多々ありました。
それほど性欲が激しくて、たっぷりと精液も溜まりまくっている状態が続いていたのです。
大学生になってからは恋人を作ることに成功して、彼女との肉体関係を楽しんでいました。
1週間ぶっ続けでやってしまったこともあったし、自分のアパートはもちろんのこと、彼女のワンルームマンションに転がり込んでは、肉体関係を思い切り楽しんで、懐に余裕のある時はラブホテルで、挿入を楽しんでいました。
しかし、そんな自分の絶倫な性欲に、彼女が悲鳴を上げてしまったのです。
「もう疲れたから勘弁してよ」
こういう台詞も何度も聞くようになり、最終的には彼女が嫌になってしまったのです。
「ついていけない…」
最初の彼女とこのような別れをしてから、新しい彼女を作ったのですが、やはり同様のことを言われて別れることになってしまいました。
最後につき合った彼女に思いっきり言われてしまいました。
「あなたはセックス依存症だよ」
自分のセックスに耐えきれない女性たちが多くて、結局は恋人関係も長く続くことがありませんでした。
こうなってしまうと性欲処理の肉穴を失ってしまって、自分の性欲はさらに暴れるようになったのです。
セックス依存症なら、それはそれで良いので、さらに沢山の肉体関係を楽しむためにセフレを作ることを決めたのです。
セックス依存症の自分の性欲を思い切りぶつけられるセフレを見つける事ができれば、気兼ねなくセックスだけの関係で繋がることが出来てしまうのです。

セフレを見つけて、毎日のように関係を持つことだってできるかもしれません。
セックス依存症の自分の性欲もこれで抑えていく事ができるだろうと考えてきました。
セックス三昧の日々を思い描いてインターネットでセフレ探しを始めることにしました!
インターネットを利用すれば、自分みたいにエッチな体質の女の子が絶対に見つからずだと確信していましたからね。
そんな自分を救ったのは、セックス依存症の専業主婦が精力旺盛な独身男性を性奴隷にするまでというサイトに掲載されていた主婦が書いた体験談でした。

 

 

名前:隼斗
性別:男性
年齢:20歳
自己紹介:大学生をやっている男、とにかくセックスが好きで仕方がなくて困っている状態。
オナニーだって一日3回はしてしまうほどに、性欲がぶちきれるほど強くて困っている。
自分のセックスが激しすぎるから、恋人とすぐに関係が壊れてしまって欲求不満状態。
インターネットでセックスをオンリーの相手探しに乗り出す。