出会いアプリ

「いい出会いアプリがある」
と、友達であるナカニシくんがある出会いアプリを紹介してくれた。
ナカニシくんとは周囲に性知識が蔓延してくる年頃にもかかわらず実践に移せずに妄想で朦朧としていた高校時代からの友達だ。高校時代はよく意味も分かっておらず「ナカダシくん」と呼ばれていたナカニシくんである。
ただ、カノジョができたのはナカニシくんの方が先だった。ソシャゲーか何かで知り合ったらしい。ただし、僕も一度紹介されたことがあるがスゲーブスだった。「知り合ったきっかけは何?」とか話をした記憶があるが、裏返せば「何でこんなブスと付き合っているの?」と聞きたかったものだ。ちなみに「俺は高校生の頃、ナカダシくんと呼ばれていたんだ。だから中だしさせて!」としつこく頼み込んだ挙句、逃げられたらしい。アホだ。
そして、今は二人ともカノジョなしである。お互いに彼女がいたころは疎遠だったが、お互いに別れた後に再会して今の今まで飲み友達&エロ友達を続けている。
斉藤さん
話のネタとしては、もっぱら出会いアプリの情報交換だ。プライベートではもう出会いは無理だよね、と言う結論に達して、出会いアプリで一期一会の出会いを探している。ナカニシくんのいいところは自分を飾らないところだ。「声はかけているんだけどさっぱりだよ~」と会話においてマウントを取ろうとする面がない。僕もまあ、彼相手に気取ってもしょうがないので、自分の戦果(ほぼ負け戦だが)を正直に伝えている。モテないどうしがつるんでいると言えばそれまでだが、友人関係を長く続けるコツは相手より上にいかないことだよな、とつくづく思う。
「どんなプレイが好きかとか細かく記載されていて、検索で相手を選べるんだよ、いいよなーこれ」
と嬉々として語るナカニシくんに教えられた出会いアプリは、なるほどエロそうな女がずらりと並んでいた。なるほど、これはいい出会いアプリだ。自分の条件に合わせてエロいことやり放題!なんて素晴らしいアプリをナカニシくんは見つけてきたんだ!
って、よくよく見ればただ単にデリヘル嬢の多重検索アプリやないか!!
無償支援掲示板
パパ活女子