テレエッチ

 テレエッチに走るようになったのは、夜の営みが無くなったからです。
31歳で性的な不満も強く、それをスッキリ解消したいと思っていました。
だけど、セフレのような関係は、私には厳しいものでした。
夫もいるし、知らない人に抱かれること自体も怖い。
そんな私に、テレエッチは最適な性欲解消方法となってくれました。

 求めても、夫が構ってくれない日々が続き、毎日のようにオナニーをするようになっていました。
刺激が欲しく、有名なネット通販サイトで大人のオモチャまで購入。
それを使って、あの部分に刺激を与えていました。
でもやっぱり満足出来ない部分があって。
でも、とてもじゃないけどセフレという関係は厳しい。
ふと思ったのが、テレエッチという男女関係でした。
昔の彼氏とやった経験があります。
テレエッチは妄想が膨らむ分、エッチな気分を強く味わえます。

 女性誌の広告に掲載されていた、出会い系アプリを利用。
テレエッチ相手を探そうと思い、投稿していきました。
エロチャットから電話エッチに移行しつつ最終的にセフレにする方法

 25歳の年下男性からの連絡が到着。
「オナ指示出すのが大好きなんです。楽しんでみませんか?」
お誘いの言葉に、不満な心と体が反応してしまいました。
年下だったけど、今ある不満を解消したかった私です。
この人と、テレエッチをやってみることにしました。

 接点のない男性に、エッチな言葉を投げかけられる。
とても強い刺激でした。
「オマンコ広げてみて。ほら見られているって想像するんだよ」
「いや・・・あっ・・・」
卑猥な妄想が心の中に広がり、肉体が熱くなっていきました。
「おもちゃがあるなら挿入しなさい」
「はい」
年下男性に命令されて、おもちゃを挿入していきました。
男性に支配されているような感覚。
おもちゃの振動。
それらが混ざって、とっても深い快楽に繋がっていきました。

 恥ずかしいけど、テレエッチに夢中。
最初にオナ指示出してくれた男性とは継続。
また別の男性のオナ指示も求め、掲示板投稿をしてしまっています。
ライブチャットオナニー
DXLIIVE

タニマチ

彼女と出会ったのは俺が警備のバイトをしていた時でした。夜中、道が暗くそして雨。そんな時にずぶ濡れになって歩く彼女を発見しました。俺は折りたたみ傘と普通の傘の2本持っていたの濡れている彼女に貸してあげました。彼女は明日返しますと言われ別に安いからいいよと言いましたが次の日彼女が昨日あった同じ時間にその場所にいて私に傘を届けてくれました。ちょう寒い時期だったので自販機の缶コーヒーを買い彼女に渡し近くの公園で飲みました。俺がキックボクシングで大会に出た話をしました。バイト代は全てキックボクシングの旅費で使ってしまう話をしました。すると彼女から
パパ活アプリのお陰様でシングルマザーの私に救世主が現る
「だったら私がタニマチになってあげようか。私はお金に困っていないし、夢を追う人のお手伝い出来るなんて素敵。」その言葉に彼女みたいな若い子が俺のタニマチになるなんて聞き間違いではないのかと何回も聞いてしまいましたが、彼女は笑いながら本気と言ってくれました。その後彼女と連絡先を交換しました。後日本当に彼女がお金の支援をしてくれました。そして、次の試合があるときは彼女も応援したいと言ってくれて嬉しいと思ってしまいました。だけど、タダでお金を援助してもらうのも悪いなと思ってしまった俺は何かお礼をしたいと伝えました。すると「私、あなたの優しさに好きになったから色々してあげたいと思っているんだけど、もし結婚してくれたらお金は気にしなくていいよ。」その言葉に驚きました。結婚は無理。まだお互いのことを理解していないし、まだキッックボクシングに夢中だから彼女のことをなにしてあげられないと言いました。すると彼女はすぐに返事を出さなくて良いと言われました。
無償でお金ください
お金の無償支援